チャールズ・バーネット

TRAILER

INTRODUCTION

1960年代後半から現在に至るまで、独自のビジョンを持って映画を作り続けているアメリカの知られざる名匠チャールズ・バーネット。一貫してアメリカ黒人の経験を描いてきたバーネットは、黒人の独立系映画作家が自分たちの物語を語るための道を拓いた先駆者の一人である。センセーショナリズムやステレオタイプ、ジャンルの慣習を拒否し、人種や階級に対する鋭い観察眼と巧みなストーリーテリングを用いて、黒人の人間性を映し出してきた。その革新的な作品は批評家から高く評価されており、ベルリン国際映画祭をはじめ国内外の映画祭で数々の賞を受賞している。

アメリカが生んだ偉大な映画監督の一人とみなされているにもかかわらず、長い間バーネットは映画史に埋もれた存在だった。日本ではマーチン・スコセッシ制作総指揮によるブルースに関するTVドキュメンタリー集の一編が特別上映されたのみである。 しかし近年、MoMAやルーヴル美術館で回顧展が開催されるなど、世界的に再評価の機運が高まっている。バリー・ジェンキンス、ディー・リース、エイヴァ・デュヴァーネイ、故チャドウィック・ボーズマン、デヴィッド・ゴードン・グリーン、リン・ラムジー、モス・デフ、アジズ・アンサリなど、多くのアーティストがバーネットの作品から影響やインスピレーションを受けたことを公言している。

チャールズ・バーネット監督に焦点を当てた日本初の上映となる「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」では、バーネットのフィルモグラフィーの中から、代表作にして映画史に残る不滅の傑作『キラー・オブ・シープ』と、時代を超えて色褪せない青春譚『マイ・ブラザーズ・ウェディング』の二作を紹介する。

CHARLES BURNETT

監督|チャールズ・バーネット

1944年4月13日、ミシシッピ州ヴィックスバーグ生まれ。幼少期に一家でロサンゼルスのサウス・セントラル(現サウス・ロサンゼルス)に移り住み、南部からの移住者が多く住む貧困地区ワッツで育つ。カルフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)に進学し、ドキュメンタリー作家バジル・ライトらに師事。学生時代はジュリー・ダッシュ、ハイレ・ゲリマらと共に学び、後に「L.A. Rebellion」と呼ばれることになるインディペンデント映画監督グループの一員として、ハリウッド映画とは異なる新しい「黒人映画」を模索した。

初長編作『キラー・オブ・シープ』(77)がベルリン国際映画祭で国際批評家連盟賞を受賞。続いて『マイ・ブラザーズ・ウェディング』(83)、『To Sleep with Anger』(90)、『The Glass Shield』(94)を発表。その後は長編映画だけでなく、ドキュメンタリーや短編、テレビ映画でも監督を務めた。

バリー・ジェンキンスの『ムーンライト』 がアカデミー作品賞を受賞した2017年、長年にわたる映画とアメリカ文化への貢献を讃えられ、名誉オスカーを受賞。

現在も精力的に制作を続けており、ドキュメンタリー『After the Lock Down: Black in LA』(21)を共同で監督したほか、実在した元奴隷ロバート・スモールズの奴隷制からの脱出を題材にしたアマゾン・スタジオ制作の映画『Steal Away』の監督を務めることも決定している。

KILLER OF SHEEP

メランコリーとユーモア、絶望と希望−
スクリーンに映し出されることのなかった
都市部のゲットーに住むアフリカ系アメリカ人の生活を、
鋭い洞察力をもって描いた「アメリカ・ネオリアリズムの傑作」
メランコリーとユーモア、絶望と希望−
スクリーンに映し出されることのなかった
都市部のゲットーに住む
アフリカ系アメリカ人の生活を、
鋭い洞察力をもって描いた
「アメリカ・ネオリアリズムの傑作」

ワッツ暴動(1965)の爪痕が残る、1970年代初頭のロサンゼルス・ワッツ地区。妻と二人の子供を養うスタンは羊の屠殺場で働いているが、日々の労働と貧困により肉体的にも精神的にも疲れ果てている。夜も眠れず自分の殻に閉じ込もるスタンとの関係を、妻は思い悩む。貧しさに気づかないまま無邪気に遊ぶ子供たちも、いつかは大人になることを学ばなければならないー。

UCLA映画学部の大学院生だったバーネットの卒業制作にして初長編作。ワッツに暮らす労働者階級の一家と周囲の人々が経験する小さな敗北の数々が、詩情豊かなモノクロ映像と印象的な音楽とともに、エピソード形式で描かれる。「私が知っている人たちについての映画を作りたかった」と語るバーネットが、わずかな予算で、大学から借りてきた機材を使い、身近な人々を中心とした素人のキャストを集めて自身の地元ワッツで撮影。都市に暮らすブルーカラーの黒人たちの日常生活は、ハリウッド映画ではほとんど描かれることがなく、題材そのものが画期的であった。

いくつかの大学や映画祭で上映された後、ベルリン国際映画祭で国際批評家連盟賞を受賞。主観を排したドキュメンタリー風のスタイルは、ロベルト・ロッセリーニ監督『戦火のかなた』や、ヴィットリオ・デ・シーカ監督『自転車泥棒』などのイタリア・ネオリアリズム映画を引き合いに、高く評価された。 本作でアフリカ系アメリカ人の音楽の歴史を表現しようとしていたバーネットは、劇中で様々なジャンル、時代の音楽を使用しているが、制作時に商業公開を念頭に置いていなかったため、楽曲の使用許可を得ていなかった。そのため長い間劇場公開されず、この作品を見た一部の幸運な映画ファンの間で秘密の宝石のように語り継がれる伝説の映画となった。

2000年、UCLAのアーキビスト、ロス・リップマンによって劣化していた16ミリプリントが修復されたのち、35ミリにブローアップされた新しいプリントが完成。2007年にスティーブン・ソダーバーグ監督の協力を得たマイルストーン・フィルム社が音楽著作権問題を解決したことにより、初上映から30年を経て、ようやく アメリカでの劇場公開が実現した。

.....
KILLER OF SHEEP キラー・オブ・シープ

監督・脚本・製作・編集・撮影:チャールズ・バーネット 音響:チャールズ・ブレイシー
出演:ヘンリー・ゲイル・サンダース、ケイシー・ムーア、チャールズ・ブレイシー、 アンジェラ・バーネット、ユージーン・チェリー、ジャック・ドラモンド
1977年/アメリカ/81分/スタンダード/B&W/モノラル/原題:Killer of Sheep 日本語字幕:碓井洋子/協力:映画美学校 翻訳仕事場プロジェクト

1981年ベルリン国際映画祭 国際批評家連盟賞
1982年サンダンス映画祭 審査員大賞
1990年アメリカ議会図書館 「国立フィルム登録簿」登録
2002年全米映画批評家協会「史上最も重要な映画100本」選出
2007年ニューヨーク映画批評家協会賞 特別賞

*ブルーレイでの上映

MY BROTHER'S WEDDING

滑稽かつ哀切な、時代を超越した青春譚
"黒人のゲットーでの生活を描いたこれほどの作品を、
私は未だかつて観たことがない"
−ジョナサン・ローゼンバウム
滑稽かつ哀切な、時代を超越した青春譚
"黒人のゲットーでの生活を描いたこれほどの作品を、私は未だかつて観たことがない"
−ジョナサン・ローゼンバウム

30歳のピアースは、両親が営むクリーニング店で将来の見通しが立たないまま働いている。少年時代の仲間は刑務所にい るか、もしくは既に死んでしまった。弁護士として成功した兄は高慢な中産階級の女性との結婚準備に忙しく、敬伲なク リスチャンの母親は兄の結婚に浮き足立っている。そんな中、ピアースの親友ソルジャーが刑務所から出所する。大人に なりきれないピアースは、家族への義務感と親友への忠誠心との間で引き裂かれる...。

『キラー・オブ・シープ』がヨーロッパで高く評価されたことで、ドイツとイギリスの公共テレビから出資を受けて制作した長編2作目。バーネットの意に反して未完成のラフカット版が映画祭に出品されてしまい、そこで酷評されたためほとんど配給されずに終わるという不幸な運命を辿ったが、2007年『キラー・オブ・シープ』との再上映に際して、バーネットと編集者が115分から82分に再編集した「ディレクターズ・カット版」が実現。あるべき姿で日の目を見ることとなった。

『キラー・オブ・シープ』同様、ワッツに住む黒人労働者階級の生活を描いた本作で、バーネットはワッツを恐怖に満ちた都会のジャングルではなく、普通の人々が普通の生活を、時に過酷な人生を送る場所として描く。また、上流階級への不信感をあらわにする一方で、悪評高い親友との友情を重んじる主人公ピアースを通して、黒人コミュニティ内における階級の複雑さを描いている。プロではない俳優(バーネットの妻や姪も出演)を演出し、悲劇と喜劇のバランスをとりながら、冷静な観察者の視点でピアースの物語を語るバーネットの、ストーリーテラーとしての才能が観客に強い印象と余韻を残す。

.....
MY BROTHER'S WEDDING マイ・ブラザーズ・ウェディング

監督・脚本:チャールズ・バーネット 製作:チャールズ・バーネット、ゲイ・シャノン・バーネット
編集:トーマス・M・ペニック 編集総責任:チャールズ・バーネット 編集(2007年):チャールズ・バーネット、エド・サンティアゴ
出演:エヴァレット・サイラス、ジェシー・ホルムス、ゲイ・シャノン・バーネット、ロナルド・E・ベル
2007年/アメリカ/82分/スタンダード/カラー/原題:My Brother’s Wedding 日本語字幕:加藤初代

*1983年制作のロングヴァージョンを2007年に再編集した「ディレクターズ・カット版」を上映します
*ブルーレイでの上映

COMMENT

チャールズ・バーネット作品に出逢い、
かけがえのない至宝を見つけた。
慈しみや不安、息づかいまでが感じとられるほど、
ひとコマひとコマがリアルで愛おしく美しい。
私はこれ以上の作品をまだ見つけられない。
ー『キラー・オブ・シープ』に寄せて
杏レラト|映画ライター、黒人映画歴史家
ハリウッドとは一線を画して独自の黒人映画を創り続けた
チャールズ・バーネットの作品は、
ギャング映画でも社会派告発映画でもなく
自らのフッドのありのままを絶妙の侘び寂びで描いている。
サブスクでは決して辿り着けないこの珠玉の作品を掘り当ててくれた
After School Cinema Clubに大感謝!!
空族〈富田克也、相澤虎之助〉
ハリウッドとは一線を画して独自の黒人映画を創り続けた チャールズ・バーネットの作品は、 ギャング映画でも社会派告発映画でもなく 自らのフッドのありのままを絶妙の侘び寂びで描いている。
サブスクでは決して辿り着けないこの珠玉の作品を掘り当ててくれた After School Cinema Clubに大感謝!!
空族〈富田克也、相澤虎之助〉

SCREENING

This is Charles Burnett
チャールズ・バーネット セレクション vol.1 in 京都

日程
2022年6月25日(土)

会場
京都みなみ会館 京都市南区西九条川原城町110

タイムテーブル
15:30『キラー・オブ・シープ』
17:10『マイ・ブラザーズ・ウェディング』
*各作品入替制

チケット料金|1作品
みなみ会館会員 1,500円 / 一般 1,800円 / *応援料金2,200円
*After School Cinema Clubでは、今後もバーネット作品を広く紹介していきたいと考えています。
これからの展開のために、賛同してくださる皆さまに「応援料金」(一般鑑賞料+応援料400円)を設けました。

チケット購入
京都みなみ会館HPおよび劇場窓口にてお求めください。
kyoto-minamikaikan.jp
*5/28(土)より販売

主催
After School Cinema Club / 京都みなみ会館

......

This is Charles Burnett
チャールズ・バーネット セレクション vol.1

*このイベントは終了しました

日程
2022年3月19日(土)・20日(日)

会場
渋谷ユーロライブ 渋谷区円山町1-5 KINOHAUS 2F
eurolive.jp

タイムテーブル
3/19(土) 13:30 開場
14:00『キラー・オブ・シープ』
15:45『マイ・ブラザーズ・ウェディング』
3/20(日) 13:30 開場
14:00『マイ・ブラザーズ・ウェディング』
15:45『キラー・オブ・シープ』
*両日とも各作品入替制

チケット料金|1作品
学生 1,500円 / 一般 1,800円 / *応援料金2,200円
*After School Cinema Clubでは、今後もバーネット作品を広く紹介していきたいと考えています。
これからの展開のために、賛同してくださる皆さまに「応援料金」(一般鑑賞料+応援料400円)を設けました。

チケット購入
「パスマーケット」特設ページにてお求めください。

主催
After School Cinema Club